出雲人の語る出雲神話 斐伊神社の巻

何気なく神社を探してドライブしていたら 「斐伊神社」とあった。かねてから訪れたいと思っていた神社だった。斐伊川の上流、木次線の線路脇であった。祭神は言わずと知れたスサノオである。
c0193289_7393668.gif

由緒書によれば 孝昭天皇五年にご分霊を氷川神社に移したと古史伝に記載している、とある。武蔵の国一宮であるさいたま市の氷川神社のことである。同社は大鳥居から社殿までが2kmもあるという壮大な神社で、大宮市の名前の由来でもあり、その分社、あるいは関連社は武蔵全域に多く、特に埼玉県には、氷川神社が160社以上存在するようだ。
c0193289_7481731.gif

ところが当の氷川神社では この斐伊神社ではなく、「斐伊川の川上に鎮座する出雲大社から勧請した」としているようだ。
思うに 川上にあるのは出雲大社ではなく斐伊神社の方であり、祭神も出雲大社は大国主であってスサノオではない。
斐伊神社の社殿は期待に反し たいしたことなかった、そのせいか帰ってみたら社殿の写真をとってない!さては氷川神社も親元を出雲大社にしたのはこんなところに理由があったのかもしれぬ・・・
そこで写真は狛犬を・・・あれっ これは尻をあげてない・・・
c0193289_80282.gif

階段を登るとあった あった ありました もうひと組の狛犬 これが立派に尻からげ。
これこそ、スサノオの狛犬!(前回ブログで出雲の狛犬としていたものをスサノオの狛犬と訂正)
なぜ2種類も狛犬があるか?少し考えて 分かりました。社記によれば、この神社は2つの神社を合祀したものとある。ヒハヤヒコ神社のヒハヤヒコ命が一緒に祀ってある。それで使い分けたか・・などと納得。
c0193289_8142442.gif

100mくらい離れたところに 8本杉神社があった。スサノオが八岐大蛇を退治し、再び出てこないように大蛇の8つの頭をこの地に埋め その上に杉を植えたという。
c0193289_8264899.gif

この杉です。根本を堀り返して見たくはあるが こわくもある・・・・

c0193289_8283748.gif

[PR]

  by windyspace | 2013-03-29 08:51

<< 通学路 出雲人の語る出雲神話 来待神社の巻 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE