縄文の船

古代出雲歴史博物館に 子持ち壺が展示されていた。
親壺の上部に4つの子壺。出雲市の鹿蔵山遺跡出土、8世紀とあった。特徴的なのはその色彩、鮮やかな三色だった。なぜか撮影禁止。写真を撮ったくらいなんてことはなかろう。禁止はストロボだけでよいと思われるのに、いかが。ここらが官僚的だと思った。

木製の船の遺物の展示が目を引いた。5mはあろうか。これなら何人ものれそう。益田市沖手遺跡出土、紀元前1400~1100とあった。
さらに松江市夫手遺跡出土の櫂が展示されており、こちらはなんと紀元前6000年と標記されていた。標記に従えば 8000年前のこの櫂は 青森の三内丸山や中国江南のカボト遺跡をはるかにさかのぼる。

古代人はすこぶる冒険心と移動心の強い 魅力的な民であったのだろう。ちょっと憧れる・・
[PR]

  by windyspace | 2015-04-19 04:40

<< 電荷と宇宙 上海近郊にあそぶ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE